模型飛行機の素晴らしさをもっと知ってもらうために <安全で楽しいフライトを!>

ホーム

















模型航空アーカイブズ










国際航空連盟







アクセスカウンター

 new
 
    
                     

 航空法改正に関する意見募集の結果が公表されました
 
 
「無人航空機等の飛行による危害の発生を防止するための航空法及び重要施設の周辺地域上空
 における小型無人機等の飛行禁止に関する法律の一部を改正する法律の施行期日を定める政令を
 制定する政令案」、「航空法施行規則等の一部を改正する省令案」等に関する意見募集の結果に
 ついて

                   リンク先(e-GOVパブリックコメントへ)
 

    e-GOVパブリックコメントは、行政手続き法第6章に基づいて各行政機関が
    実施する意見公募手続きについて、意見募集状況、パブリックコメントの実施
    結果に関する情報の提供を目的としたデジタル庁が運営するWebサイトです。









 new
 F3B日本選手権者は川村 周司選手に
F3B 日本選手権 埼玉県上里町 11/19-21  成績 

左から2位 小洞 選手、選手権者 川村 選手、3位 児山 選手

台風19号、コロナ過のため2年ぶりの日本選手権開催となりました





 new
 
    
                     

 航空法改正に関するお知らせ
 
 無人航空機等の飛行による危害の発生を防止するための航空法及び重要施設の周辺地域
 の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律の一部を改正する法律の施行
 期日を定める政令を制定する政令案」、「航空法施行規則等の一部を改正する省令案」
 等に関する意見公募が始まりました。
     ◎ 航空法改正に関する意見募集について ⇒   
    ◎ 航空法改正に関する当局への要請について   







 
 
    
                     

 航空法改正と日本模型航空連盟の取組みについて
 
 航空法が改正され,2022年度を目途に施行される予定です。無人航空機全般が対象となり、
 ラジコン機も該当します。現時点で国土交通省から公表されている内容と、当連盟の活動
 についてご案内します。
        
                                  







 
 

 
 
 航空法施行規則改正に伴い202161日から、災害時等において、捜索、 救助等活動
 のため緊急用務を行う航空機の飛行が想定される場合に、無人
航空機の飛行が原則禁止される
 『緊急用務空域』が新たに指定されます。
無人航空機を飛行させる方には、飛行開始前に、
 飛行させる空域が『緊急
用務空域』に該当するか否かの確認義務が課されます。 ドローン・
 ラジコン機等を飛行させる前に緊急用務空域の確認を必ず実施
してください。
 本件は、ドローン飛行に限らず、200g未満の模型航空機も一律対象となります。
   

 詳細については以下をご参照ください。
  001406479.pdf (mlit.go.jp)
 

 〇航空局HP:無人航空機の飛行ルール

  https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

  https://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000041.html


                                  







 
    
                     

 RC飛行クラブ登録のお願い
 
 小型無人機の運用ルール策定と活用に関して、これらの法制度に関する情報及び、安全飛行に 
 関する情報を適宜提供することになりました。 詳細については以下をご参照ください。 
        
                                  







 
2021/11/24 F3B日本選手権者は川村周司選手に。new
2021/06/21 航空法改正と日本模型航空連盟の取組みについてを掲載しました
2021/04/26 2021年度の事業計画が決まりました。
2021/01/01 本年も日本模型航空連盟へのご支援・ご協力をお願いいたします。







 
    
                     

 飛行情報共有システムについてのお願い 
    
 航空法改正に伴い、飛行許可申請に伴う飛行において
、飛行の前に飛行情報登録が必要です。 
        
                                  







 
   
   
   
 FAIから定期的に発行されるニュースレターがCIAM FLYERです。今回は、模型飛行機の翼型では
 あまりにも有名な、György Benedek(ハンガリー)に関する記事です。     






 
航空法改正に伴い、飛行許可申請一部様式が変更になりました。
  11月以後申請(更新)から、新様式を参考に申請をお願いします。

 【案内詳細】 ➡   
 【新様式】 ➡   







  令和2年度空の日の表彰
 令和2(2020)年度、一般財団法人日本航空協会の航空関係者表彰式は9月23日(水)、  東京都港区新橋の航空会館で行われました。
FAIエア・スポーツ・メダルは航空スポーツに関連した委員会業務、競技会運営、若年層の教育・訓練等に顕著な功績や貢献があった個人又は団体に贈られますが、松下徳太郎氏が受賞されました。
  ➡日本航空協会 


松下 徳太郎氏(左)と安田 邦男会長(右)   








模型航空機もスカイスポーツの仲間です

       
 パラシューティング  気球 エクスペリメンタル航空機 模型航空機  グライダー  
         
         
 パワードグライダー ハング・パラグライダー  曲技飛行   自家用航空機

  スカイスポーツについて ➡日本航空協会







     2020年版スポーティングコード

 競技ルールの基本となる、2020年1月から発効のスポーティングコードが出されました。









 2020年度審査員講習会が実施されました

2月16日に2020年度のF3A審査員講習会が、123名の参加者で野田市の会場で実施されました。午前は学科で、午後の実技はJOSOフライングクラブ
飛行場の予定でしたが、天候の関係で実技は中止となりましたが、学科は
無事終了しました。  

  






 
                         
 





 
模型飛行士登録の免責廃止について












 重要 
 


拡大して読む











日本模型航空連盟は「こども模型飛行機教室」事業に協力しています。