F4C/F4H Flying Scale の世界へようこそ

スケール競技のカテゴリーであるF4C/F4H競技を紹介いたします。
 まずスケールモデルによる競技とは一体どのような競技なのでしょうか?
スケールモデル競技の飛行について考えれば、たしかに飛行演技の中には宙返りやロ
ール等の飛行がありますが、スタント競技とは異なり、パターンを飛行させてその正
確さを評価するだけの競技ではありません。又パイロンレースのようにパイロンの周
りを周回してその速度を競う競技でもなく、グライダーやフリーフライト機のように
滞空時間を競う競技でもありません。
 モデルの出来栄えを競うという観点から見ても、同一のモデルだけでの競技会であ
ればともかく、様々なタイプのモデルでの競技ともなれば、その優劣を競い合うのは
基本的に難しいものがあります。
    
スケール競技は出来映えだけを競う競技ではない。
 モデラーの皆さんの大多数は、スケールモデルの競技会とはモデルの出来映え、つ
まりよくモデル誌に掲載されている[これがスーパースケールだ・・]といったよう
な素晴らしい仕上がりのスケールモデル等が主役?で、モデルの出来映えだけで競い
合う競技だと誤解されていることと思います。
 スケール競技は、フライング・スケールモデルの名前の如く、飛んでこそナンボの
世界であることを理解して欲しいのです。
 スケールモデル競技はその歴史の中の試行錯誤で後述するようなF4Cスケール
という形がようやく整い、これが現在では国際的にも国内的にも標準的なルールとし
て定着してきました。
      

 スケールモデルの競技とは、簡単に云えば実機らしい飛行と、実機らしい出来栄え
の総合で順位を競いあう競技なのです。従ってスケール競技に参加するには、[私の
飛行機では恥ずかしくって・・]等と出場前からモデルの出来映えだけで優劣を決め
てかかって出場をためらうのは全くナンセンスなのです。出来栄えを評価する「静止
審査」は後述するF4C競技では最大でも全得点の50%にしか過ぎないのです。
どんどん参加してスケール競技を楽しんで戴きたいものです。
      
ホームへ戻る