戻る   ホームへ戻る
FAI SPORTING CODE

VOLUME F4

PART6

                                 Rvsd  Dec 2016

   フライングスケールモデル競技のための技術規定

6.1スケールモデルのための一般規則と静止審査基準:

6.1.1.スケールモデルの定義:
   FAI SPORTING CODE  SECTION  4 - AEROMODELLING
                 VOLUME F4
          
            FLYING SCALE MODEL AIRCRAFT   (2017年版)
                                   2017年1月1日発効
 
  第6章 フライングスケールモデル競技のための技術規定
                       
6.1  スケールモデルのための一般規則と静止審査基準:

6.1.1.スケールモデルの定義:
  スケールモデルとは、空気より重い、人が搭乗する航空機の縮小複製機をいう。
 F4A/B/C/D/ E/F/G/H/Jの各クラス(級)は、固定翼機のためのクラスであり、クラスF4Kは、動力付き回転翼機のためのクラスである。
 スケール競技の目的は、実在の航空機の正確な外観および実機感をそれぞれの模型クラスにおいて最も適切に表現することである。このことは静止
 審査と飛行演技について同等に適用される。 
 
 注;スケールモデルの元となる主題実機を表すために、「プロトタイプ機」という用語を使用する。

6.1.2. 規定の条項:
 本規定の条項に次のとおり番号を付ける。
6.1.  一般規則およびスケール忠実度審査のための基準。
6.2.  コントロールライン・フライングスケールモデル。
6.3.ラジオコントロール・フライングスケールモデル。

6.1.3. 競技規定の構成:
  特定のクラスの競技規則は、6.1. の規則およびその特定クラスのための規則を加えたものによって構成される。コントロールライン競技のための
  規則は6.1.および6.2の条項によって、ラジオコントロール競技のための規則は、6.1.および6.3の条項によって構成される。
  
   RC競技は、競技会の第一日目に行われる飛行審査から開始され、静止審査は最初のモデル機が飛行を終えた後に開始する。その後、飛行審査と
   静止審査は並行して行われる。 すなわち、モデル機はまず飛行審査を受け、その後に静止審査を受けるものとする。参加選手は、静止審査を受
   ける前に1回以上の飛行を行うことを要求されることはない。
  世界選手権又は大陸選手権において、公式参加締切日までに45名以上の参加選手がいる場合には、主催者は静止審査に2つの審査員団を準備す
  ることができる。それぞれの審査員団は、2人の審査員により構成されなければならない。 第1の審査員団はスケール精度(6.1. 10.1側面形、
  正面形、平面形)を審査する。その後、第2の審査員団は残りの審査項目(6.1.10.2〜6.)を審査する。この場合、RC競技は静止審査から始
  まり、飛行審査は最初の10機が静止審査を完了した時点で開始される。 この場合、すべての参加選手は最初の飛行を行う前に静止審査を終了
  しているものとする。
                
6.1.4. 審査員:
   F4Cフライングスケール世界選手権又は大陸選手権の主催者は、静止審査のために3名(2つの審査員団の場合は4名)の審査員と、それとは
   別に飛行審査を行うための3名の審査員を指名しなければならない。
    世界選手権において45名以上の参加選手がある場合には、主催者はそれぞれ2名の審査員が配置される2つの静止審査員団と3名の審査員が配置
    される2つの飛行ラインを使用することが出来る。
  参加選手が45名未満の選手権大会では、静止審査の迅速化を計るため、3人の審査員による一つの静止審査員団に替えて、2人の審査員による
  2つの静止審査員団とすることが出来る。
    各クラス(F4CおよびF4H)のすべての審査員(静止審査および飛行審査とも)は、異なる国籍をもった者でなければならず、かつ、各国
    スポーツ航空団体(NAC)により提出されたリストから選ばれ、国際模型航空委員会(CIAM)が承認した者でなければならない。
    世界選手権および大陸選手権の場合には、飛行および静止審査を行う審査員団には、少なくとも1名のCIAM・スケール委員会の委員が参加して
    いなければならない。
    CIAMは、世界選手権および大陸選手権に先だって、2つの審査員団の審査員について承認しなければならない。
    夫々の審査員団(静止審査及び飛行審査)には、1つの共通言語がなければならない。 主催者は2人の同国籍の審査員をF4CおよびF4Hの
    各クラスに1名ずつ使用することが出来る。 
    世界選手権のF4C審査員団は、少なくとも3つの大陸出身の審査員によって構成されるべきである。

6.1.5. 採点:
  係数(Kファクター)が表記されている箇所についての採点は、飛行審査においては1/2点を使用して、静止審査においては1/10点を
  使用して、0点から10点までの点数を付けて行う。得点は、こうして得られた点数に係数(Kファクター)を乗じることにより算出する。      

6.1.6. 諸注意:
   a)モデル機はすべて主題実機(プロトタイプ機)と同じ様態で浮揚しなければならない。
  b)適当な水面が無い条件下では、水上機モデルは車輪または車輪付き台車(ダリーを使用して離陸することができる。
       そのため離陸後に台車(ダリー)を切り離す、または投下することは減点されない。
       固定の車輪、そり(スキッド)、またはそれに類したプロトタイプ機に無い装置をモデル機に組み込むことによるスケールからの乖離は、
      「スケール忠実度」および「工作技術」の評価においては対象外とする。
  c)静止審査と飛行審査の間は、プロペラおよびスピンナー以外、モデルのいかなる部分をも取除いてはならない、またダミー・パイロット
      およびアンテナ以外、いかなるものもモデルの外部に付け加えてはならない。爆弾、ドロップ・タンク(投棄式の燃料タンク)等は、
      静止審査の時に提示しなければならない。しかし形状、色彩、大きさ、重量が同じならば、より簡単で修理のできるものと、飛行前に交換
      することができる。この規定に対するいかなる違反も失格となる。 
        プロトタイプ機にはない追加の空気取り入れ口は、静止審査の際に取り外し可能なハッチにより カバーすることが出来るものであれば、
        取りつけることが許される。これらのハッチは、飛行に先立ち手動により取り去り、または開くことができ、飛行中に、ラジオ・コントロール
        により開くことも出来る。
     飛行によって生じた破損への必要な修理は許されるが、最大重量制限の規定は適用される。飛行中のモデルの外観は過度に影響されてはならない。
   d)飛行用のプロペラの形または直径は任意であり、スケール・プロペラと交換することが許される。
        スピンナーの大きさと形状、色は変えてはならない。    
   注)スケール・プロペラとの交換が許されるは、そのモデルを牽引するために装備されたプロペラを指す。多発機のモデル機が動力とならない
   (風で空転する)プロペラを装備していた場合には、静止審査と飛行審査の間にそれらを交換することはできない。
     例えば、Me163のように小さな発電用のプロペラを機首につけた場合にも同じように飛行用のプロペラに交換できない。
   e)金属ブレードの飛行用プロペラは禁止する。
   f)爆発物を投下してはならない。
   g)プロトタイプ機のパイロットが飛行中に側方から見える場合は、モデル機も飛行中において縮尺に合った大きさと形のダミー・パイロットが同じ
     ように見えなければならない。ダミー・パイロットを乗せなかった場合、総飛行得点は10%減点される。ダミー・パイロットは、静止審査におい
      て乗せておいても良いが、採点には考慮されない。
    h)重量の計量は、それぞれのモデル機が最初の飛行を終えた直後に実施されなければならない。モデル機に手を加えることは、燃料の排出および
      機体の清掃以外許されない。
   もしも重量の超過が認められた場合には、その飛行は零点とされ、モデル機は以後飛行の毎に再度重量の測定が行われる。
   モデル機重量の計測に携わる係員および使用される器機は、すべての参加選手に対して、その最初の飛行を行う前に計測できるよう用意される
   べきである。
   重量計測器機の公差は最大制限重量に加算される(すなわち、コントロール・ライン機の重量制限は6Kgであるが、公差15gであれば、
   6.015Kgが重量限度となる)。
   i)チーフ・ジャッジもしくはフライト・ライン・ディレクターの意見により,飛行中の騒音が著しいと判断されたモデル機は、その飛行が終了し
     た後に、騒音測定を受けなければならない。 
   ガス・タービン動力のモデル機は、このような騒音測定は免除される。詳細は、F4Cについては6.3.2.を参照のこと。
   競技会主催者は、競技に先立って騒音測定をしたいとの参加選手の要請に応じられるようにしておかなければならない。
    j)フライトライン上において、地表から2m上で9m/s以上の風速が少なくとも1分間以上続く状態であれば、競技は、コンテスト・ダイレ
      クターにより中断、または開始を遅延されるべきである。

6.1.7. モデルの数:
   参加選手は、一つの種目(コントロールラインまたはラジオコントロール)の競技につき1機のモデルで参加することができる。

6.1.8. 助手:
   参加選手は公式飛行中に1名の助手を付けることが許可される。それ以外の助手は、選手が必要とするならば、エンジンのスタート、及び飛行前の
   準備を補助しても良い。1名の助手を除き、他のすべての助手は離陸が宣言される前に飛行エリアから退去しなければならない。
   ラジオ・コントロール競技においては、公式飛行中、助手は送信機に手を触れてはならない。
   タイム・キーパーは、最初の演技がコールされた後、助手が送信機に触れないように監視する義務がある。助手が送信機に触れた場合は、その飛行
   の得点はゼロとなる。

6.1.9. 提出資料(ドキュメンテーション)(スケールの立証)

6.1.9.1. スケールの立証は参加選手の責任とする。     

6.1.9.2. プロトタイプ機の正式名称および型式は、申込書、採点表、および  「スケール立証」 のための書類に記入されていなければならない。
   参加選手の提出する資料(ドキュメンテーション)には、プロトタイプ機が非曲技機である場合にはその旨の申告が行われていなければならない。
   審査員はF4Cの最初の飛行が始まる前にこの申告内容について協議し、主任審査員(チーフジャッジ)は最初の飛行が開始される前に最終判断
   を下し、その結果は6.3.6.11.d(選択演技の選択)に関する採点に反映される。

6.1.9.3. 参加模型の縮尺:
   モデルを製作する縮尺は任意であるが、「スケールの立証」 のための提出書類に縮尺比を明記しなければならない。

6.1.9.4. 提出資料(ドキュメンテーション):
   スケール忠実度(静止審査)の得点を得るためには、審査員に提出しなければならない資料(ドキュメンテーション)として最低限必要なものは
   下記の通りである。(推奨されるドキュメンテーションについては付属書A - 6A.1.9.参照のこと) 

   a)少なくとも3枚のプロトタイプ実機の写真、または印刷複製の提出が要求され、そのうち少なくとも1枚はモデル化の対象となった機体そのもの
       の写真、または印刷複製でなければならない。これらの写真、または印刷複製は、機体全体を写したものでなくてはならず、それぞれ異なる面を
       写したものであることが望ましく、またA5版より小さくてはならない。これらの主たる写真は、3部提出しなければならず,2部目および3部目
       は複写(コピー)でも良い。
       模型の写真は、その模型がプロトタイプ実機と並べられていて、かつその写真が色彩を立証するためのものである場合にのみ許される。
       使用された写真のもととなったデジタルファイルに画像の加工処理や強調処理が行われた形跡が認められる場合には失格となる。写真による立証は
       プロトタイプ実機に対するスケール精度を判断する上で最重視すべきものである。
 
   b)スケール図面
   少なくとも側面形、上からの平面形、正面形の3面を表示した主題実機の正確なスケール図面が必要となる。この図面は、同一縮尺で翼幅は最小
   250mm以上、最大500mm以下であること。
      もしも胴体が翼幅よりも長い場合には、この採寸は胴体の長さでなされる。この図面は3通を提出しなければならない。
   参加選手、または他の製図者が作成した未出版の図面は、競技に先立って各国のスケール委員会、または同等の機関、原型実機の製作者、または
   その他の権威ある者によって正確さを証明されていない限り受け入れられない。

  c)色彩証明
   正しい色彩は、カラ―写真、権威ある者から認められたカラ―・チップの付いた出版記述、実機塗装の見本、もしくは出版されたカラー図面
   (例:「プロファイル」等の出版物)によって証明することが出来る。

 d)航空機の速度
   プロトタイプ機の巡航速度は、提出資料に記載されなければならず、また公式飛行に先立って提出される飛行審査表にも記載されていなければ
   ならない。
   最大速度のみしか公表されていない初期の航空機の場合には、最大速度のみ提出資料に記載されていれば良い。参加選手は要求があれば、
   それを立証できるよう準備しなければならない。

e)選手宣誓書
   参加選手は、その提出資料として、自身のモデル機が競技を行うクラス(級)に関する規則および要件に適合していることを宣誓した署名入り
   文書を提出しなければならない。この選手宣誓書には、審査員がそのモデル機の設計および製作が誰によってなされたか、そしてその製作に
   市販の構成部品がどの程度使用されているかについて判断するための質問表が含まれている。
   宣誓書の書式については、付属書6E.1を参照のこと。


  
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
6.1.10. スケール忠実度および工作技術の審査:                                K−値 1. スケール精度:     側面(左右面).....................13     前後面 ........................ 13     平面 (上下面) .................... 13 2. 色彩: 精度........................3     複雑度 ...................... 2 3. マーキング:       精度....................... 8       複雑度...................... 3 4. 表面肌理(Surface Texture)とスケール実機感  a.  表面肌理 ...................7      b. スケール実機感 .................7 5. 工作技術     技術の質........................12     複雑度......................... 5 6. スケール細部:     精度.......................... 9     複雑度......................... 5                                総計100 * 第1項はモデルの中心から最短距離5m離れて審査する。 審査員はモデルに触れ   てはならない。 6.1.11. 静止得点:   フライングスケール競技における、スケール忠実度および工作技術の点数は3名の審査員によって与えられた点数の合計とする。   この点数は、モデルが公式飛行を完了した時、最終順位の決定のために用いられる。 〇静止得点と飛行得点の比重の平準化(ノーマライゼーション)    参加選手の静止得点の合計は、次のとおり1000点で平準化(ノーマライズ)される。    静止得点x = Sx / Sw X 1000    ここにおいて:    静止得点x =参加選手xの平準化(ノーマライズ)された静止得点        Sx = 参加選手xの静止得点    Sw = 静止審査における最高得点者の得点   6.1.12. スケール競技会の編成 送信機および周波数の管理に関しては、「一般規則」(General Rules)C章のC.16.2項を参照。     参加国および参加選手の静止審査と飛行審査の順番は、競技に先立ちくじ引きにより決められる。チーム・マネージャーはチームの    参加選手について1番、2番、3番目というように順番を決めなければならない。 飛行の順番は、主催者が周波数の混信を回避するために必要とする場合以外、変更できない。 周波数の配列は十分余裕をもたせ、参加選手が少なくとも第1準備ボックスに入た時には、送信機を使用できるようにしなければならない。 また、同一チーム内であっても競技参加者間の飛行順番の入れ替えは許されない。 第2ラウンドの飛行は、飛行順序の前から3分の1の順番から開始される。最終ラウンドは、前の2ラウンドの飛行と静止審査による 暫定的な順位により得点の低い方からより高い方へ順番で飛行を行う。 参加選手はスターティング・エリアに来る事が求められる時間の少なくとも5分前には呼び出しを受けるべきである。  6.1.13 モデル機の製作者    モデル機は、参加選手が単独で製作し、仕上げを行ったものでなければならない。この規則の例外は、F4H競技に参加するモデル機    およびF4J競技にチームとして参加する場合のみである。   (注)「製作した」という言葉がこの文脈において意味するところは、「参加選手がそのモデル機の製作のためのすべての仕事を行った者」    という意味である。    参加選手は、更にモデル機の飛行のための準備も行わなければならない。但し、その際は、助手の助けを借りることが許される    (6.1.8を参照)。   市販で入手可能な構成部品、機械加工部品、ダイカット又はレーザーカット部品、第三者が製作した組み立て済み、或いはモールド成形   された胴体や翼などは、それがそのモデル機のための特注品であっても、またキットの部品として供給されているものであっても、   モデル機の製作に使用することが出来る。但し、使用するこれら部品(ねじ、ナット、ボルトなどの固定具は除く)の詳細を選手宣誓書   に記入しなければならず、また、これらの部品がモデル機の目で見ることが出来るスケール精度や工作技術に影響している場合には、   静止審査において減点される。    市販部品が参加選手によって改造され、それによってスケール精度が向上にしている場合には、審査員が工作技術を評価出来るよう、    その行った改造作業について立証する資料を選手宣誓書に添付すべきである。    本条項に対する違反が判明した場合は、その参加選手は競技参加資格を失う。    すべての参加選手の選手宣誓書の複写(コピー)は、すべての参加選手がチェックするために入手できるよう用意されていなければなら    ない。参加選手のうち1人、又は複数人が参加選手の宣誓書の記述に異議がある場合には、当該宣誓書が公表されてから24時間以内に    通常手続きに従い、正式な異議申し立てをその主張を裏付ける証拠とともに提起できる。その後、異議申し立ては、通常手続きに従い    陪審員によって所掌され、陪審員は異議申し立ての正当性の有無を判断し、ふさわしい処分について決定する。 6.1.14 静止審査における可動スケール細部のデモンストレーション    静止審査のため提示されるモデル機は、その降着装置、又は離着陸のための通常の補助装置によってのみ支持されていなければならない。    折り畳み翼の場合、翼を伸ばし実機が飛行する状態で固定して良い。脚の引き込み以外、モデル機のどこの部分にある可動細部でも、    実機のパイロット又は乗務員が彼らの配置場所において通常操作できるものであれば、デモンストレーションを許される。
6.2. クラス.F4B コントロールライン・フライングスケールモデル.       (規約の記載は省略)
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る

6.3 クラス.F4C ラジオコントロール・フライングスケールモデル. 6.3.1. 一般規格: 燃料を除き、ダミー・パイロットを含む    飛行状態におけるモデル全体の最大重量..................15s                電動モーターを原動機として使用するモデルにおいては、当該電動モーターに 使用する電池の重量を含まない 原動機:   a)ロケットまたはパルス・ジェット・エンジンを使用することは許可されない。     注)他のスケールモデル機の規格についてはABR4C節、第1部、1、2項に 定められた「モデル機の一般規格」を参照。 6.3.2. ノイズ・テスト: もし飛行中のモデル機の音が大きいと思われた時は、チーフ・ジャッジ、またはフライトライン・ ディレクターは騒音テストを要求できる。飛行終了後、その送信機とモデル機はフライトライン担 当者によって直ちに押収される。燃料補給のほかは、当該モデル機の改修や調整は許されない。 もしもモデル機が可変ピッチのプロペラを装備している場合には、騒音テストはピッチ変化の全域 について行われる。モデル機は騒音テスト係りによってテストされ、もしも不合格とされた場合には、 別の騒音測定機を使用して別の騒音テスト係りにより、再度テストされる。 モデル機が再テストでも不合格であった場合には、それに先立って行われた飛行の得点はゼロとなる。 これは最終決定である。 騒音測定機(ソノメーター)は、基準音によるテスト・システムを備えた高性能のものでなければ ならない。 最大騒音レベルは、飛行場のコンクリート、または碎石舗装の地面にモデル機を置き、モデル機の センター・ラインから3mのところで計測した時、96dB(A)である。騒音測定は、エンジンを フルパワーで回転させ、モデル機の進行方向に対し90度の競技参加者が選んだ側であって、かつモ デル機の風下から行う。集音機(マイクロフォン)は、地面から30cmのスタンドの上で、エンジ ンと一線となるようにする。音を反射する物体がモデル機、または集音機から3m以内にあってはな らない。 コンクリートまたは碎石舗装の地面が無い場合、騒音測定は、裸地面または極く短い草の地面上で行 ってもよいが、その場合の最大騒音レベルは94dB(A)とする。多発機の場合は、最も近いエン ジンから3mのところに騒音測定機を置いて測定し、最大騒音レベルは単発機の場合と同じである。 タービン・エンジンは騒音測定の対象とされない。 6.3.3. 公式飛行: a)各参加選手は公式飛行のための3回の呼び出しを受け、毎回定められた制限時間内(6.3.4.参照) に飛行評価の採点を受けるための公式飛行を行わなければならない。 2つの飛行審査場を使用する場合(6.1.4.参照)には、参加選手は、それぞれの審査員団の前で 2回、および、それぞれの飛行審査場で2回、計4ラウンドの飛行を行う、そして、それぞれの 審査員団における低い方の得点は削除される。 b)参加選手が時間内に飛行開始または終了できなかった場合、コンテスト・ディレクターまたはフ ライト ライン・ディレクターが、参加選手の責任に帰することの出来ない要因によると判断した 時は、コンテスト・ディレクターまたはフライト ライン・ディレクターは自身の裁量で、競技参 加者に再飛行させることが出来る。再飛行を何時おこなわせるかは、コンテスト・ディレクター が決定する c)公式飛行の開始は次のいずれか早いものとする。   1)参加選手が計時係にエンジンの始動を行う旨の通告を行った時。   2)参加選手が飛行を開始するよう命じられた後、2分を経過した時。 d)公式飛行は、モデル機が選択演技(6.3.7. M)タッチ・アンド・ゴ―の演技中 である以外に着地して停止した時終了する。 6.3.4. 飛行時間: a)参加選手は、飛行開始を命じられる少なくとも5分前には飛行開始を求められ     るであろうことを通告される。   b)しかる後、参加選手は飛行の開始を命じられる。   c)飛行の計時は、公式飛行の開始と同時に始まる。(6.3.3.c. 参照)   d)参加選手は、飛行を完了まで、17分間の持ち時間が許容される。   e)多発機の場合は、前d)項の時間にエンジン1基を増すごとに1分間を加えた 時間とする。   f)許容された時間内に完了しなかった如何なる演技に対しても、得点は与えられ ない。 6.3.5. スターティング・タイム: a)公式飛行の計時が開始された後、モデルが7分以内またはエンジン1基増加に 対して1分間を加えた時間が経過してもモデルが浮揚しない場合、公式飛行は 終了し、その飛行に対する得点は与えられない。 b)離陸を開始した後、モデルが浮揚しない内にエンジンが停止した場合、エンジ ンを再スタートすることができる。この場合でもただ1回の再飛行が許される。 再飛行をおこなった場合は、途中で中断された演技には得点は与えられない。 注:この場合においても、6.3.5 (a) が適用される。 6.3.6. 飛行: 6.3.6.1. 離陸・・・・・・・・・・・・・・・ K=11 6.3.6.2. 選択演技 1・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.3. 選択演技 2・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.4. 選択演技 3・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.5. 選択演技 4・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.6. 選択演技 5・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.7. 選択演技 6・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.8. 選択演技 7・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.9. 選択演技 8・・・・・・・・・・・・K=7 6.3.6.10. 進入と着陸 (Approach and Landing)・・・・・・・ K=11 6.3.6.11.飛行の実感    a)エンジン音(実機感、調律)・・・・・・・ K=4   b)飛行速度・・・・・・・・・・・・・・・・ K=9   c)飛行の優雅さ・・・・・・・・・・・・・・ K=9                        総計 K =100 注)飛行スケジュールには「水平8字飛行」および「360度ディセンディングターン」 が完全な形で含まなていなければならない。 モデル機の縮尺およびプロトタイプ実機の巡航または最大速度は、飛行審査採点表 (Annex 6E.2. 参照)に表示されていなければならない。 それぞれの演技について、1回のみのアテンプト(試み)が許される。 これの唯一の例外は(6.3.5.b)に定めている、モデルを離陸させる操作についてで ある。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
6.3.7. 選択演技:   「水平8字飛行」および「360度降下旋回」演技は飛行演技に含まれなければならない  必須演技である。これらの演技を演技順の何処に入れるかは競技者の自由である。 参加選手は、審査員からの要求があれば、選択した演技がそのモデル化した実機が行うに ふさわしい演技であり、通常の能力の範囲内で行われるものであることを立証できるよう 準備をしておかなければならない。選択演技として、機械的な操作機能のデモンストレー ションを含んだ演技を1つだけ選択できる。これらは、D(爆弾または燃料タンクの投下)、 L(パラシュート投下)、或いは、もしそのようなものがあるならば、PまたはQ(プロ トタイプ機特有の飛行中の操作機能)である。   演技の選択は、採点票に記入し、飛行の開始の前に審査員に提出されなければならない。   選択演技のうちA(シャンデル)、N(オーバーシュート)、R(三角形周回飛行)、   S(四角形周回飛行)、T(一定高度の直線飛行)、Z(プロシーデュア・ターン)および   AA(低速直線飛行)は選手宣誓書(付属書6E.1)において申告されているとおり   非曲技機であることが証明され、認証されている場合に限り選択することが出来る。   このような機体とは、運動性(manoeuvrability)に制限がある航空機として設計され、製   造元や耐空証明を所管する官庁によりそのような制限を課されている機体である。     例えば、   航空機開発時代や初期の航空機(1915年以前)   偵察、爆撃を目的として設計された航空機(戦闘機で後に偵察や戦闘・爆撃機に改造され   たものなど設計者が曲技能力を意図して設計した機体は除く,旅行用の機体,旅客機および   輸送機,軍用輸送機。   もしこれら非曲技機用の演技を非曲技機として証明されていない機体を主題とするモデル   機が行った場合は、その演技は0点となる。   参加選手が選択演技B(降着装置の引込みと引出し)を選択した場合は、選択演技C   (フラップの引込みと引出し)は選択できない。     実施する全ての演技の飛行順序は採点表に明記しておかなければならず、また順番を間違   って行った演技はすべて0点となる。   A.シャンデル                            K=7   B.降着装置の引込みと引出し                     K=7   C.フラップの引込みと引出し                     K=7   D.爆弾または燃料タンクの投下                    K=7   E.ストール・ターン                         K=7   F.インメルマン・ターン                       K=7   G.宙返り1回                             K=7   H.スプリットS(リヴァーサル)                   K=7   I.キューバン・エイト                        K=7   J.ノーマルスピン(3旋転)                     K=7   K.ロール                              K=7   L.パラシュート                           K=7   M.タッチ・アンド・ゴー                       K=7   N.オーバー・シュート                        K=7   O.右または左へのサイド・スリップ                  K=7   P.当該モデル機による1っ目の飛行操作                K=7   Q.当該モデル機による2っ目の飛行操作                K=7   (競技者は、自己の選択により2種類までの飛行操作を演技することが出来るが、    その各々の飛行操作が当該プロトタイプ機によって行われることを示す証拠を    提供できるよう準備しておかなくてはならない。競技者は飛行に入る前に飛行    審査員に実施する操作がどのようなものであるか予め申告しなければならない。)   R.三角形周回飛行                          K=7   S.四辺形周回飛行                          K=7   T.一定高度の直線飛行(最高高度6m)                K=7   U.片発低出力の直線飛行(多発機に限る)               K=7   V.レイジーエイト                          K=7   W.ウイングオーバー                         K=7   X.背面飛行                             K=7   Y.デリー・ターン                          K=7   Z.プロシーデュア・ターン                      K=7   AA.低速直線飛行                           K=7 6.3.8. 採点(飛行演技得点): 各演技は飛行中に各審査員によって採点され、1/2点を使用しながら、0から10までの 点数が与えられる。 この点数に各演技について定められた係数Kを乗じその演技の得点 とする。 演技は、審査員が明瞭に見ることができる、平面と高さにおいて行われなければならない。 この規則を守らない場合、その演技は減点される。 6.3.9. 飛行得点: すべての飛行得点は採点表に記録される。参加選手の個人事項、モデルの詳細、選択した 演技を正確に採点表に記入し、必要部数を公式飛行の前に審査員に提出することは、参加 選手の責任である。 3名の審査員全員の採点は、最終成績のため集計される。 飛行得点とは、6.3.6. 項について3名の審査員全員が与えた得点を加算したものである。 〇 静止得点と飛行得点の比重の平準化(ノーマライゼーション)    参加選手の各ラウンドにおける飛行得点の合計は、次のとおり1000点で平準化    (ノーマライズ)される。 飛行得点x = Fx /Fw X 1000 ここにおいて:    飛行得点x =参加選手xの平準化(ノーマライズ)された飛行得点 Fx = 参加選手xの飛行得点 Fw = そのラウンドにおける最高得点者の飛行得点 6.3.10.最終成績:  各参加選手の最終成績は、6.1.10の静止審査で得られた静止得点を平準化した得点に、6.3.9の  飛行審査で得られた飛行得点のうち、最も良かった2つの飛行得点を平準化した得点の平均値を  加算したものとする。参加選手の飛行が一回だけで終わった場合には、その飛行で与えられた  飛行得点を平準化した得点を2で割ったものとする。  主催者側の手の及ばない不可抗力な理由(例えばB. 11.1.)によって3回以下の公式飛行しか  できなかった場合には、成績は次のように決定する。  a)2ラウンドの飛行が行われた場合、6.3.9. のとおり、その2回の飛行得点をそれぞれ平準化   した得点の平均値が用いられる。  b)1ラウンドのみの飛行の場合、その1ラウンドの飛行得点の平準化した得点が用いられる。  c)公式飛行における得点は、全ての参加選手が、その飛行ラウンドにおいて同等の機会を与え   られた場合に限り記録される。   世界選手権大会および大陸選手権大会における国チームの順位は、選手権が完結した後、各チーム のメンバー3人の最終成績の合計点によって争われるが、チームに4人目のメンバーがいる場合 (4人目は必ずジュニア・メンバー)には、上位3人の最終成績の合計点によることとなる。   同点の国チームがある場合、トップから数えた順位数の合計がより少ない数となるチームが上位と なる。もし、その順位数も同点となる場合は、最高点の個人がメンバーとしているチームが上位と なる。 6.3.11. 安全対策: a)全ての飛行演技はジャッジズ・ラインに平行に行われなければならず、もし演技の 一部でもジャッジズ・ラインの後方で行われた場合には得点はゼロとなる。 b)この規則に対する例外は離陸(6.3.6.1.)、着陸(6.3.6.10.)、およびタッチ・アン ド・ゴー(6.3.7.M.)とする。 これらの演技は観客、大会関係者、他の参加選手や助手の保護のためにジャッジズ・ ラインの後方に設けられた区域の上空を飛行しない限り、風に正対して実施する権 利がある。 c)チーフ・ジャッジもしくはフライトライン・ディレクターの判断でモデルが安全で ないと判断された場合や、または危険な飛び方をしていると判断された場合には、 競技者(パイロット)に着陸を指示することができる。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る

            付則6A                クラスF4: 静止審査の要領: 6A.1 一般: a)審査員は審査を開始するに先立ち、3m以内に近寄らない距離ですべての参加機 を観察し、与えるべき得点の基準(配点基準)を設定しておかなければならない。 参加機の細部にわたる審査を開始する前に、それらの機体を概観し、他の参加機 と互いに関係付けて考察する。静止審査のチーフ・ジャッジは、この機会を利用 して、すべての審査員が何を考慮すべきか、特に複雑度の観点からはどのような ところを見るべきかについて、共通の認識を持てるよう努力すべきである。 b)一定の基準を確立するために、競技開始前に、競技に参加しない1機のモデル機 を使用して模擬審査を行うべきである。 c)チーフ・ジャッジはスポークスマンに指名されるべきであり、もし2組の審査員 団が置かれる場合には、二つ目の審査員団には副チーフ・ジャッジがチーフ・ジ ャッジを補佐するために配置される。チーフ・ジャッジおよび副チーフ・ジャッ ジは、おのおのその担当範囲において、項目ごとに加点すべきところと減点すべ きところについて同じ審査員団の他の審査員と協議し、採点について示唆しなけ ればならない。 d)静止審査は 6.1.10. 項にあるように、6つの項目に分けられる。各審査員は異    なった採点をする権利を有しているが、審査員は、チームとして各項目について    協議し、各々の項目の採点に」ついて一致した見解に達するように努めるべきで    ある。与える得点に差異があるにしても、それは最小限であるべきである。  e)チーフ・ジャッジは各項目につき加点すべきところと減点すべきところにつき、    他の審査員と協議し、更なる議論のベースとするため、与えるべき得点を示唆し    なければならない。1/2点を用いることは、トップクラスのモデル機を審査す    る際に重要である。例として挙げれば、9点では低すぎるし、10点では高すぎ、    9.5点が適当な得点であるというような場合である。  f)与えられる実際の得点がどうであるかにかかわらず、参加しているすべてのモデ    ル機に渡って、丁寧で公平な比較を行うことが最も肝要なことである。一つのモ    デル機を他のモデル機と比較することによる相対的評価が実行されるべき最も    重要な基準となる。 審査員は、分析用紙、電子器材やその他記録を行うための    機材を積極的に使用する。      g)それぞれのモデル機の静止審査が完了したとき、チーフ・ジャッジは採点表(ス    コア・カード)を計算係に渡す前に、すべてのスコア・カードが完全に記入され    ているか確認しなければならない。    審査員団は、後に誤りに気付いた場合(例えば、モデルの見誤り、提出資料によ    り立証されていない細部、見落とされていた市販品等)、遡って採点を変更する    権限を持っている。主催者は、この再考のために十分な時間を設けなければなら    ない。以上の手順を踏まえ、チーフ・ジャッジが了解してから最終得点は公表さ    れる。  h)モデル機が静止審査を受ける前に飛行し(6.1.3.参照)、その飛行中に何    らかの破損を被った場合、静止審査員は、もし当該モデル機に手が加えられてお    らず、また、そうすることが実行上可能であれば、その破損については無いもの    とみなし審査しなければならない。 6A.1.9 スケール立証のためのドキュメンテーション:   最小限の提出資料として6.1.9.4.項に掲げられている資料は提出されなけ   ればならない。   このことが守られない場合次のとおり減点となる。       a)プロトタイプ機の写真が3枚未満の場合: スケール精度は0点(6.1.10.1)                        実機感は減点あり (6.1.10.4)                        工作技術は減点あり(6.1.10.5)                        スケール細部は減点あり(6.1.10.6)  b)図面が無いか、認証されていない図面の場合:スケール精度は0点(6.1.10.1)  c)モデル化の対象となった実機そのものの写真が無い場合:                                   マーキングは0点  (6.1.10.2)                        実機感は減点あり  (6.1.10.4)                        スケール細部は減点あり(6.1.10.6)  d)色彩資料の不備             色彩は0点(6.1.10.3)         上記の提出資料は、競技参加に必要な最低限の資料である。実際には、プロトタイ   プ機とモデル機の関係性を評価するためにはより説得力のある資料が必要とされ   る。   実機を提示することは出来ないので、写真資料は高い得点を得るために出来る限り   完備している必要がある。すべての資料は可能な限りどの場合でもモデル化対象実   機に関してのものであるべきである。モデル化対象実機との相違は、そのことが明   瞭である場合を除き、そのことを明記すべきである。資料に関係する注釈および訂   正は、英語で表記しなければならない。   静止審査員は短時間の内に骨の折れる仕事を行う。したがって、提出資料は、迅速   かつ正確に審査が出来るような体裁で提示されなければならない。余分な、或いは   矛盾する資料は避けるべきである。提出資料は、審査員が相互見比べをするため常   にページをめくる必要がないよう仕分けされたシートにして提示されるべきである。 最大A3サイズの硬いシートは審査員が楽に扱えると考えられる。審査の順序、す なわち、側面形、正面形、平面形、マーキング、色彩などの順序にしたがって整え られた資料であれば審査員の助けになる。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
6A.1.10. 静止審査: 6.1.10.1項はF4C審査においては、モデルの中心から、少なくとも5m 離れて審査しなければならない。 このため、1名のハンドラー(保持者)が審査 員の指示通りに、モデルの位置取りをするために待機しなければならない。 モデ ルの寸法は計測してはならず、審査員はモデルに触れてはならない。 モデルは提出された資料に基づいて審査され、審査員はその資料に現れている根拠 にのみ基づいて採点する。参加選手により提示された資料、証拠の良し悪しは、一 般的に審査員の評点に反映される。 正確で明瞭な立証資料は、もしモデルがこれに合致していれば、良い得点を得させ る価値がある。 審査員は、粗雑または不完全な提出資料による義務の不履行が、参加選手を利する ことが無いことを確実にしなければならない。 審査員は、資料に示されている数々の様相に基づいて正確さや複雑度を評価しなけ ればならない。 6A.1.10.1. スケール精度: 図面と写真は、実大実機に対するモデル機の正確さを判定するために用いられる。 写真と図面を使用して、以下を審査する。    側面形 :左側でも右側でも図面の示す側面からで良い。胴体側面のアウト・ラ    イン、キャビンまたはキャノピーの形、コックピット開口部の形、エンジン・    カウリングおよびスピンナーの形、垂直尾翼と方向舵のアウト・ライン、主翼と    水平尾翼の断面を調べる。更に、降着装置の主脚と尾輪または尾そりの形、取り    付け角度と位置、主輪とそのタイヤの大きさを調べる。多葉機については、上    下翼の食い違い角(スタガー)、上下翼の間隔、翼間支柱(ストラット)及び張    り線の形状と配置を調べる。     前面形:上反角、翼の厚みとテーパー、多葉機の主翼支柱・筋交い支柱、上下翼     の間隔、更には、垂直尾翼、方向舵および水平尾翼の厚み、胴体、エンジン・カ     ウリングの断面、カウリングの形と開口部、プロペラのサイズおよび形、コック     ピット・キャノピー又はウインドシールド(風防ガラス)の形、降着装置のサイ     ズ、形、位置および角度、車輪のトラック(間隔)、タイヤの厚みを調べる。  上からの平面形:翼のアウトラインとフェアリング、エルロンの大きさ、フラップ、 水平尾翼の大きさと形状、エレベーターの大きさ、形状および切欠、トリム・タブ および胴体の形状とテーパー、コックピットまたはキャノピーの形状、エンジン カウリングの形を調べる。 6A.1.10.10.2 色彩: 色彩の精度   正しい色彩は,カラー写真、権威者によって裏付けされたカラーチップを伴った権威   ある出版物の記述、またはプロトタイプ実機に使われている塗料のサンプル、また   は権威ある出版物のカラー図面を使用して正確さを判定する。   また、国籍マーク、文字、紋章を検査する。 カモフラージュの色彩分布は実機の   通りの正しい割合で塗り分けられていなければならない。 色彩の複雑度   1色または2色の基本色だけの仕上げと比較して、マルチ・カラーの再現のために   費やされた努力を評価すべきである。   競技の審査を開始する前に、色彩複雑度得点の方式について了解しなければならな   い。   機体の大部分を覆う主要なカラーには最大2点まで与えても良い。   国籍マーク、ストラット、銃、爆弾等、小部分の色彩については最大1点を与えて   も良い。   基本カラーである黒色と白色は、複雑度得点の片鱗でもある。   高い得点が与えられるには、理解力のある色彩資料ドキュメンテーションが提示さ   れなければならないのが基本である。 6A.1.10.3. マーキング一般:   3人の審査員による単独の審査員団の場合、殆んどのマーキングの評価はスケール   精度の点検中になされる。   モデル上のマーキングの相対的な位置と形状はそれらが形状と輪郭で誤りを強調   する故にしばしばスケール精度の良い指標となる。   モデル下面のマーキングを検査する機会は、同様に平面形を検査している間に出来   る。  マーキングの精度   すべてのマークと文字について、そのサイズと位置を検査する。   他のマーキングや胴体の手掛かりとなる特徴との、相対的な位置について特別な重   点をおくこと。すべての文字と数字について、その形状や太さが正しいかを検査す   る。   トリム・ストライプ(帯状装飾模様)の寸法が正しいか、位置が正しいかを検査す   る。   カモフラージュのパターンについて調べる。    マーキングの複雑性   競技を開始する前に、審査員はマーキングに関連して複雑度得点の原則を了解しな   ければならない。   複雑度における高得点はマーキングの数だけでなく、要求されることを達成する困   難さにも与えられる。   特に広い範囲に広がったり、または胴体の特定個所に関係した複雑な文字は、まば   らに存在する、より単純なデザインのものよりは高い複雑度得点を得るべきである。   曲線は直線よりは一般に複雑である。    不規則なパターンや不明瞭な縁を持つ、より複雑なスタイルのカモフラージュのパ   ターンは慎重に考慮され、それなりに評価されるべきである。   この項目で高得点を与えられるには、提出されたドキュメンテーション資料が、評   価される全てのマーキングを網羅していることである。 6A.1.10.4. 表面肌理とスケール実機感:   実機感とは、モデルが実機の特質と表面肌理をいかにうまく再現しているかにかか   っている。   審査員は主題実機の縮小を見ているのか、または単に模型飛行機を見ているのかど   うかを自分自身に問うべきである。   モデルの表面の肌理(きめ)と外観は、プロトタイプ実機のそれを充分に再現した   ものでなければならない。   布被覆の場合、適切な材料で被覆されているか、縦通材、翼リブのアウトラインが   見えるかを調べる。   合板被覆タイプ、または木板モノコック・タイプの場合、その通りに正しく実機を   模しているか、プロトタイプ実機のリブや胴枠の間に 「たるみ」 がある場合、その   通りに模しているかを調べる。   金属応力外皮(張殻構造)タイプの場合、パネルとリベットを表現していなければ   ならない。   すべての場合について、つや、ざらつき仕上げや、つや消しなどの表面肌理が、適   切に再現されていなければならない。   もしも主題実機が傷のない博物館モデルの場合には、モデルは同様に元の(原型の)   状態でなければならない。   もし可能ならば、主題実機が実際の運用機である場合には、実機に対応した適切な   ウエザリングと、通常の使用状態の形跡を表現していることが明瞭でなければなら   ない。   ドキュメンテーション資料はそれらの見解を示さなければならず、審査員はそれに   沿って採点すべきである。 6A.1.10.5. 工作技術:    この項は熟練度、器用さ、総括的な手腕、及びモデルの構造の複雑度を取り扱う。   工作技術の質:    モデル機の工作技術の質は、とりわけ主翼と尾翼の後縁のクリーンでシャープなエッジ、    操縦舵面のヒンジ・ラインの適正なギャップ(隙間)、実機にはない機体を分割するた    めの接合部やモデル機の運用のため必要とされるアクセスハッチ等における隙間のない    はめ合わせを検証する。    実機にはないスイッチ、ニードルバルブ、消音器、作動ホーン等の物は見えてはならない。    工作技術の複雑度:    審査員は より複雑な形状と構造に対して高い得点を与えるために、設計の全体的な複    雑さを考慮しなければならない。創意による普通とは違った箇所(items)もこの複雑度    の項において評価される。    上記の評価にあたり、審査員は参加選手の自作宣誓書を参照し、競技者が自作していな    い部分について確認し (6.1.9.4(e)項を参照)、その度合いに応じて点数を調整する。    工作技術に関し与えられる得点も、やはり提示されたドキュメンテーション資料の水準を    反映しなければならない。      工作技術の複雑度    審査員は より複雑な形と構造に対して高い得点を与えるために、全体設計の複    雑さを考慮しなければならない。    上記の評価にあたり、審査員は参加選手の自作宣誓書を参照し、競技者が自作し    ていない部分について確認し (6.1.9.4(d)項を参照)。その度合いに応じて    点数を調整する。    与えられた得点は、今一度提示されたドキュメンテーション資料の水準を反映し    なければならない。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
6A.1.10.6. スケール細部:  下記のような機体部分が、モデルの適切な箇所に再現されているか、またその部品  が精密に再現されているか、正しい位置にあるかを調べる。   ハッチ   ブレーキパイプ   ハンドル   脚スプリング   武装   足かけ   タイヤ・トレッド   ドア    翼スロット    張線   航空灯・着陸灯   爆弾架    ピトー管    操縦索    計器盤   ウォーク・ウェイズ  操縦ホーン    燃料タンク    フェアリング   ラジエター   給油キャップ    ターン・バックル    ルーバー   ストラット   冷却空気口     縫い目、糸目    ベンチュリー管   マス・バランス    アンテナ    コクピット、キャビンの内装の細部   与えられた得点は、提示されたスケール細部の正確さと質の双方を反映していなけ   ればならない。   スケール細部の正確さ   提出資料には、審査されるスケール細部がはっきり表示されていなければならない。   高得点は、これらの提出書類に示された細部を正確に再現した競技者に対し与えら   れるべきである。   スケール細部の複雑度   資料が良く出来ていて、細かい細部までより良く表現されているモデル機は、その   程度に応じ、細部表現が少ないモデル機(たとえプロトタイプ機そのものがあまり   多くの細部を持たないとしても)より、高い点数が与えられるべきである。   審査員はこの項目を採点するに当り、プロトタイプ機の細部の複雑さではなく、モ   デル機に実際に施されている細部の複雑さに着目していることを再確認すべきで   ある。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る

付則 6C
クラス F4C:審査員のための飛行審査の要領
6C.1. 概論:   すべての飛行演技は、プロトタイプ実機を念頭に置きつつ審査されねばならない。   スケール競技の目的は、実機の飛行特性と実機感を再現することにある。   それゆえ、審査員はスケール競技会を曲技飛行会と混同してはならない。       各演技の下に記述された減点項目は、全ての演技の失敗を記述したものではない。   それらはその演技を行うに当り、犯しやすい誤りを示す事を目的としている。   これらの減点は以下の観点からそれぞれの演技を採点している。    1. 意図された演技の形、大きさ及び技術的な要求。    2. ジャッジもしくは他の指標に対する演技の位置付け。    3. 当該モデルに対応するスケール実機感。   プロトタイプ実機のそれを常に念頭に置きつつ、それぞれの誤りの重要性を判定し、   減点を行うのは審査員自身の責任である。    各演技の開始前にはその演技の名称を宣言し、また開始の瞬間はNOW(ナウ)の 呼称によって合図しなければならない。 演技の終了はFINISHED(フィニ ッシュ)の呼称によって宣言されなければならない。   飛行審査員は、風向きと平行に設置された滑走路に沿って着席する。 この軸線を   「ジャッジズ・ライン」 と呼ぶ。 競技委員長もしくはフライト・ライン・ディレ クターは風向きの観測について責任を持つ。競技委員長もしくはフライト・ライン・ ディレクターの意見により風向きがジャッジズ・ラインに対して常に30度以上変 化した時は、ジャッジズ・ラインはそれに対応して調整される。       風向きの不測の変化に対応するために、パイロットは安全を脅かさない限りにおいて   、離陸、着陸のそれぞれの方向を自由に選ぶことができる。 この規定は着陸と離陸の   両方からなる演技、6.3.7.M(タッチ・アンド・ゴー)にも適用される。   風上への着陸および離陸を含む前記の演技を除けば、全ての飛行演技はジャッジ ズ・ライン(審査員軸線)に平行に実施しなければならない。    この場合、審査員の後方で一部でも実施された演技のスコアはゼロとなる。        安全上の観点から、観客、大会関係者、他の参加選手や助手の保護のためにジャ ッジズ・ラインの後方に設けられた区域の上空を飛行した、いかなる演技も得点は ゼロとなる。 演技の高さと位置付けは、それぞれの主題実機に典型的であると予想されるそれ に対応していなければならない。 特に定めない限り、平面で実施される演技(例えば直線飛行、水平8字、3角形 周回飛行等)はジャッジからの迎角60度の高さの飛行経路から開始すべきである。 360度降下旋回やスピン等の演技はより高い高度から開始しなければならない。 ジャッジは、演技の位置付けがそうあるべきだと考える場合には、高すぎたり、低 すぎたり、遠すぎたり、もしくは近すぎる演技については減点すべきである。 各々の飛行の後に、各フライト・ジャッジは減点や飛行得点の喪失につながった、 いかなる基準外の事柄も記録する。何らかの理由により得点が訂正された場合には、 訂正は審査員によりイニシアルが記入されなければならない。 チーフ・フライト・ジヤッジは飛行得点が記録される前に、零点のそれを含め全 てのスコアシートを公平の観点から再検討する。 それらの例は、間違った飛行演技、順序を間違えた演技、飛行時間の超過、ジャ ッジラインの後方での飛行、ダミー・パイロットの無搭載、または墜落のような着 陸等である。 チーフ・フライトジャッジは、集計に送られる前にスコアシートにサインしなけ ればならない。 6C.3.6.1 離陸:   モデルは地上において、原動機を回転したまま、パイロット又は助手に保持されるこ   となく完全に停止した状態から、風上に向かって、もしくは選手の必要性に応じて離陸   距離が最大に取れる方向に(ジェット機の場合)離陸する。   モデルが選手の"ナウ"のコールの後に選手または助手に触られた場合には離陸点はゼロ   となる。   離陸経路は直線でなければならず、モデルは地上より滑らかに浮上し、プロトタイプの   それを模した角度で上昇しなければならない。   離陸はモデルが90度旋回を行った時点で終了する。   プロトタイプが、離陸時にフラップを使用していれば、モデルも使用すべきであるが、   パイロットが風力を考慮した上で、この操作を実施するか否かを判断することができる。   風が原因となるフラップの不使用は離陸前に宣告しなければならない。   フラップは離陸上昇中に引き上げなければならない。   引込み脚が操作可能な場合は、離陸後の上昇中に引き込まれなければならない。 減点   1.モデルが"ナウ"のコールの後に触られた。(零点)   2.離陸滑走中にモデルが偏向した。(ただし、低速の軽飛行機タイプの場合、適切     に修正すれば、わずかな偏向は許される)   3.離陸滑走が長すぎた、または短すぎた。   4. 不自然な速度や、急激すぎる加速。   5. 着陸脚の装備状態から見て不適切な浮揚時の姿勢。   6. 滑らかに地面から浮上しなかった。   7.上昇のレートが良くない(急すぎるか、または浅すぎる)。   8.上昇中の機首姿勢が良くない(機首が高すぎ、または低すぎる)。   9.フラップが使用可能であるに拘らず、使用されなかった。  10.脚の引込みが可能であるにも拘らず引込まれなかった。  11.大きなウイング・ドロップがあった。  12.離陸後の上昇の軌跡が離陸時のそれと同一でなかった。  13.横風経路への旋回のレートが不自然。  14.横風経路が離陸後の上昇径路に対し90度でない。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
6C.3.6.2 水平8字飛行:   モデルはジャッジズ・ラインに平行なライン上を水平直線飛行で進入し、ジャッジズ・   ラインから遠ざかる方向に1/4円旋回し、次に逆方向へ360度旋回、更に最初の旋   回と同方向に270度旋回して、演技開始時の直線経路上において終了する。   演技の旋回接点(中点)は、進入経路と直角で、ジャッジ席の中心を通る直線上になけ   ればならない。 減点   1.最初の円弧への進入が進入飛行径路に対し直角でない。   2.円弧の大きさが同一でない。   3.円弧がゆがんだ。   4.一定の高度を維持しなかった。   5.旋回の交差する点が審査員の位置の前方になかった。   6.進入経路と離脱経路が同一線上になかった。   7.進入経路と離脱経路がジャッジズ・ラインに平行でなかった。   8.演技全体の大きさがプロトタイプのそれに類似していない。   9.モデルの飛行経路が円滑でなく、一定していない。  10.演技が遠すぎる、近すぎる、高すぎる、低すぎる。 6C.3.6.3  360度ディセンディング・ターン:       (360゜Descending Circle at Low Throttle Setting)   モデルは水平直線飛行から演技を開始し、審査員から遠ざかる方向へ一定の低スロット   ル設定で、着陸エリア上にゆったりとした360度の降下円を描き、最高6mの高度以   下まで降下した時に降下を止め、進入時より低い高度と同じ方位で水平直線飛行に戻る。 減点   1.降下率が一定でなかった。   2.降下が急激すぎた。   3.スロットルの設定が一定でなかったか、もしくは充分に低くなかった。   4.円弧がゆがんだ。   5.明確な高度の低下がなかった。   6.モデルが高度6m以下まで降下しなかった。   7.円弧が審査員の位置に対し正面になかった。   8.進入時と離脱時の軌跡がジャッジズ・ラインにたいし平行でなかった。   9.開始(ナウ)と終了(フィニッシュ)が水平直線飛行でコールされなかった。  10.演技が遠すぎる、近すぎる、高すぎる、低すぎる。 6C.3.6.4. 選択演技、6c.3.7 を参照 6C.3.6.5. 選択演技、6c.3.7 を参照 6C.3.6.6. 選択演技、6c.3.7 を参照 6C.3.6.7. 選択演技、6c.3.7 を参照 6C.3.6.8. 選択演技、6c.3.7 を参照 6C.3.6.9. 選択演技、6c.3.7 を参照
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
6C.3.6.10  進入と着陸: この演技はタッチ・アンド・ゴーと同じく、ベース・レッグ(最終横風行程)からの 降下によって開始する。 この時点に至るまでの間、モデルは着陸準備のために必要 とされる適切な軌跡を飛行しても良い。 これは例えば、完全な場周飛行をするか、 曲線を描いて進入するか、あるいは直接追い風行程(ダウン・ウインド・レッグ)や 最終横風行程に入るかの選択を意味している。進入と着陸は風に正対して行っても良 いし、 参加選手の選択によって、例えばジェット・モデルのような場合には着陸距 離の観点から最良の選択をしても良い。  最終横風行程は競技者の判断で、直進、曲進のどちらでも良い。  進入と着陸の開始点より、モデルは最終進入へ向かって90度の旋回を行う。  モデルは滑らかに引き起こして、その主題実機に固有の着陸姿勢を具現化し、バウ  ンスすることなく接地し、滑走して停止する。  従来型の尾輪式降着装置(尾輪式と呼称)を持つ航空機は、プロトタイプ実機のそれ を模し、その日の風や着陸帯表面などの状態を勘案しながら通常は3点着陸をするか、 もしくは先ず主輪を最初に接地させ、次いで尾部を静かに下げる。  前輪式降着装置を持つ航空機は、通常は先ず主輪を接地し、次いで前輪を静かに接地 すること。 減点   1.演技が最終横風行程(ベース・レッグ)で開始されなかった。   2.最終進入への旋回が一定のレート、もしくは90度でなかった。   3.最終横風行程(ベース・レッグ)からの降下が円滑でなく、かつ継続的でない。   4.接地に先だって、正しい着陸進入操作をしなかった。   5.滑らかに引き起こさなかった。   6.バウンスした。   7.着陸中に主翼をいずれかへ傾けた。   8.翼端を接地させた。   9.着陸後徐々に、かつ滑らかに減速しなかった。   10.型式固有の着陸姿勢を再現しなかった。  11.着陸後不安定に滑走したか、または滑走が曲がった。  12.機首を下にして停止した。    (注:機首を下にして停止した場合は30%の減点、転覆は零点) 注:墜落は零点であるが、ただしモデルが良好な着陸を行ない、着陸滑走の最終段階で 機首を下にして停止した場合には別個の評価として2点の減点とする。 もしも風が原因で有効な着陸帯が短くなりすぎた場合に、機首を下にした姿勢を生じ たとしても、この減点に関する適用を行ってはならない。 引込み脚を装備したモデルの場合、一個またはそれ以上の脚が引込んだままで着陸し た場合には、着陸についての得点は30%の減点となる。 モデルが仰向けに転覆した着陸の場合はすべて墜落と見なす。 6C.3.6.11  飛行実感: 飛行実感の採点はモデルが演技と演技の間を繋ぐ飛行を含め、全ての飛行演技を含む ものとする。  審査員は、主題実機のそれを常に念頭に置きながら、以下の範囲で採点を割り振るも のとする。   エンジン音:(実機感のある音、調律)             K=4     "実機感のある音"とは、全てのスロットルの開度において、実機のそれとの比較     による音の性質に関係する。     "調律"とは、全てのスロットルの開度において、原動機の作動の滑らかさを言 う。     従って、エンジン音に関する採点は上記の2つの範囲で等分に振り分けるもの とする。   飛行速度:                         K=9 この項目はスコア・シートとドキュメンテーションに記載された、主題実機の 速度に基づき、その実機が公開飛行展示を行っていると仮定した場合の、主題 実機の速度を推測して審査される、モデル機のスケール速度に対する主観的な 評価である。常時変わらずにスケール・スピードより速く飛行するモデルは、 それ相応の減点を受ける。例えばスケール・スピードの倍の速さで飛行してい ると見なされるモデルは、半分以下(10点満点に対し)の点数とすべきであり、 スケール・スピードの3倍の速さで飛行するモデルは零点とすべきである。   飛行の優雅さ:                       K=9     モデルは良くトリムされ、不安定な兆候をみせてはならない。 審査員は現在 の天候状況を考慮しながら、操作の滑らかさを評価しなければならない。     審査員はまた、飛行中のモデルの姿勢、すなわち、いかなる機首上げ、機首下 げの傾向をも評価しなければならない。 注意事項: 1.どのモデルであれ、プロトタイプが実際に引込み脚を装備している場合に、2つ かそれ以上の脚を下げて飛行演技を行った場合には、得点はその演技に関しては 2点減点される。 一つの脚が下がっているときには、1点減点となる。もしも一つ以上の脚が飛行 演技中に引っ掛っている場合には、引っ掛りの程度に応じて、1/2点もしくは1 点減点となる。 2.プロトタイプ実機のパイロットが、飛行中に前方または側方から見えるときは、 モデルにおいても、スケール・サイズで実物と同じ形のダミー・パイロットが飛 行中に見えていなければならない。   このようなダミー・パイロットを乗せなかった場合、全飛行得点は10%減点さ   れる。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
6C.3.7  選択演技:   選択演技課目の選定は、モデルとされた主題実機航空機の持つ可能な最高の能力を演じる   ことである。   飛行する演技の選択と順番はスコアシートに記入され、各々の飛行前にジャッジに提出さ   れなければならない。そしてこの順序は遵守されなければならず、 いかなる飛行順序か   らの逸脱も、その演技の得点はゼロとなる。   注:演技図中の赤字で注記された部分は、長年チーフフライトジャッジを務めてこられた,     池田 敬氏からの演技を行うに際しての一般的な注意事項を表しています。 A.シャンデル:   水平直線飛行から開始し、審査員から遠ざかる方向に上昇旋回しながら、180度方   向転換し、進入時と逆方向の水平直線飛行で終わる。 この時の上昇レートはプロトタイプ   のそれに準拠しなければならない。この演技はプロトタイプが非曲技機のみが選択できる。 減点:   1.旋回が滑らか、かつ継続的でなかった。   2.上昇が滑らか、かつ継続的でなかった。   3.半分の高度獲得が90度の位置でなかった。   4.上昇のために、過剰で不自然なモーターの出力が使用された。   5.高度の獲得が不充分。   6.演技の開始点と終了点が審査員の位置の正面でなかった。   7.進入と脱出の軌跡がジャッジズ・ラインに平行でなかった。   8.最終の航跡が進入時のそれと180度逆でなかった。   9.進入と脱出が水平直線飛行でなかった。  10.演技が遠すぎる、または高すぎる。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
B.着陸装置の引込みと引出し: C.フラップの引込みと引出し:   モデルは風上に向かって、15mを超えない高度を保って水平直進飛行しつつ、着陸   エリアに進入し、審査員に良く見えるように着陸装置を引き出す。 続いて、審査員か   ら遠ざかる方向へ360度旋回し、再び審査員の直正面に来たとき、降着装置を引き   込みながら、直進上昇飛行に移る。 減点:    1.モデルの速度が脚出しやフラップ下げには速すぎた。   2.着陸装置の引出しと引込みが、審査員によく見えるように行われなかった。   3.引込みと引出しの過程と速度が実機感に欠ける。   4.フラップの場合のみ: a)フラップを下げた時に不安定。                b)フラップを下げても姿勢の変化がない。   5.円弧がゆがんだり、高度が一定でなかった。   6.円弧の高度が15mを超えた。   7.円弧が審査員の位置の正面でなかった。   8.引込みが審査員の真横で始められなかった。   9.進入と脱出の軌跡がジャッジズ・ラインと平行でなかった。  10.進入と脱出の軌跡が同一でなかった。  11.スケール感に欠ける上昇離脱。  12.演技の位置が遠すぎる、あるいは近すぎる。 D.爆弾または燃料タンクの投下:   爆弾が機体内部に搭載されている場合、爆弾倉の扉を開き、投下後、再び扉を閉めな   ければならない。 爆弾または燃料タンクが機体の外部に搭載されている場合、それら   は正確な位置に、正しく装着されていなければならない。   投下はプロトタイプのそれを模すこと。   投下は審査員から明瞭に見えなければならず、審査員の正面でなければならない。   いかなる特別な操作上の特徴も、前もって審査員に宣告しておかねばならない。 減点:   1.爆弾または燃料タンクが外れなかった、もしくは実機感のある方法で投下されな     かった。   2.投下が審査員の前面でなかった。   3. 投下の操作全般が実機感に欠けていた。   4.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 E.ストール・ターン:   モデルは水平飛行から開始し、ほぼ垂直の姿勢になるまで機首を引き起こし、上昇が   停止するまでその姿勢を保持する。 上昇が停止した時点でモデルは片揺れ軸のまわり   に180度旋転し、降下した後、引き起こして進入時と逆方向の水平直線飛行で終了す   る。   開始時と終了時の高度は同一でなければならない。 競技者は、左右いずれかの方向に   180度旋転するかを、申告しておかなければならない。 軽飛行機タイプの場合、必   要な機速を得るために、フル・スロットルのまま、浅い角度で降下してから、演技を開   始することもある。 減点:   1.開始と終了がジャッジズ・ラインに平行でなかった。   2.引き起こしが審査員から良くみえる位置で行われなかった。   3.上昇と降下が垂直姿勢に近くなかった。   4.高度の獲得が不充分。   5.モデルが(上昇点で)停止しなかった。   6.モデルが翼幅の半分以下の範囲、かつその軸回りで旋転しなかった。   7.競技者が右に旋転するか左に旋転するかを申告しないか、申告したように実行し     なかった。   8.進入と離脱の経路が同一の高度でなかった。   9.モデルが進入径路に対し翼幅の半分以内のずれで離脱しなかった。  10.進入と離脱の航跡がジャッジズ・ラインと平行でなかった。  11.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
F.インメルマン・ターン:   水平直線飛行から演技に入り、宙返り(主題実機の性能と釣り合った宙返り)の前半   分だけを完了して背面姿勢になった時、1/2ロールし、開始時と逆方向の水平直線飛   行に戻る。 軽飛行機タイプの場合、必要な機速を得るために、フル・スロットルの   まま、浅い角度で降下してから、演技を開始することもある。 減点:   1.1/2ループの航跡が垂直でなかった。   2.1/2ループが審査員の位置の前面でなかった。   3.1/2ループが充分に半円状でなかった。   4.ハーフ・ロールが早過ぎた、または遅すぎた。   5.ハーフ・ロール中の高度の損失が甚だしかった。   6.ハーフ・ロール中航跡が変わった。   7.正しい飛行方向の水平直線飛行で演技を終了しなかった。   8.演技がジャッジズ・ラインに平行に実施されなかった。   9.演技の大きさと速度が実機のそれと異なっていた。  10.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 G.宙返り1回:   モデルは直線飛行から引き起こし、滑らかにループを描いて、開始時と同方向の水平   直線飛行に戻る。 ループの頂点ではスロットルを絞り、正常な飛行状態(水平飛行)   に戻った時には開く。   軽飛行機タイプの場合、宙返り演技の前に機速を得るために、フル・スロットルのま   ま浅い角度で降下してから、演技を開始することもある。     注)宙返りは円を描く演技であるが、低出力の飛行機はジェット機や高馬力の曲技機に    比較すると完全な円弧を描くことが非常にむずかしくなる。前者による多少間延び    した宙返りは、後者による完璧な宙返りと同様な評点が予期される。 しかしなが    ら、粗野な歪みは重大な減点とする。 このことは宙返りを含む他の選択演技にも適    用される。 減点:   1.宙返りの軌跡が垂直でなかった。   2.ループがプロトタイプ実機のそれを模したやりかたで実施されなかった。   3.スロットルの不適切な使用。   4.宙返りの大きさと速度がプロトタイプのそれと違った。   5.審査員の位置の前面で演技が行われなかった。   6.同一の軌跡と高度で水平直線飛行に戻らなかった。   7.演技がジャッジズ・ラインに平行に実施されなかった。   8.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。  H.キューバン・エイト:   モデルは機首を引き起こして正宙返りに入り、機首が45度下向きになった時に1/2   ロールし、続いて宙返りして、再び45度下向きになった時に1/2ロールし進入時と   同高度の水平直線飛行に戻る。各宙返りの頂点でスロットルを絞り、それぞれの降下時   に再び開く。   軽飛行機タイプの場合、必要な機速を得るために、フル・スロットルのまま、浅い角   度で降下してから、演技を開始することもある。 基本的なキューバンエイトに加えて次の変形がある。 ハーフ・キューバン・エイト:45度の降下に続き、進入時と同一高度で水平飛行に入る。 リバース・キューバン・エイト:モデルは45度の引き起こしで演技を開始し、次い で半ロールした後ループに入り、逆の順序で演技を行う。 リバース・ハーフ・キューバンエイト:45度の引き起こしで演技を開始し、次いでロ ールした後にループに入り、進入方向に向けて終了する。 注)参加選手はスコアシートにどの変形を演技するかを指定しなければならない。 減点:   1.演技がジャッジズ・ラインに平行な一定の垂直面で行われなかった。   2.ループが真円でなかった。   3.ループが同じ大きさでなかった。   4.1/2ロールが正しい位置で行われなかった。   5.降下角が45度でなかった。   6.モデルが進入時と同じ高度で離脱しなかった。   7.モデルが進入時と同じ軌跡の水平直線飛行にもどらなかった。   8.不適切なスロットルの使用。   9.演技の大きさと速度が主題実機のそれと異なった。  10.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
I.スプリットS(リバーサル):   水平直線飛行から1/2ロールし、背面になった時に半宙返り(主題実機のそれと同様   な仕方で)を描き、開始時と逆方向の水平直線飛行に戻る。 スロットルは背面姿勢   になった時に当該機種の必要に応じては絞り、水平直線飛行に戻った時に開く。 減点:   1. 半宙返りの間にモデルが航跡を変えた。   2.モデルが背面を長く続けすぎた、または背面が短すぎた。   3.不適切なスロットルの使用。   4.半宙返りの軌跡が一線上にないか、または垂直でなかった。   5.半宙返りが半円状でなかった。   6.半宙返りが早すぎるか、または小さ過ぎた。   7.演技開始時と逆方位に、演技を終了しなかった。   8.半宙返りが審査員の位置の前方になかった。   9.演技がジャッジズ・ラインに平行に実施されなかった。  10.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 J.スピン3回:   水平直線飛行から開始し、モデルを減速して失速させ、3旋転スピンを始める。 そし   て開始時と同方向の水平直線飛行に戻る。降下中(スピン演技の)モデルは風により   流されても良い。 減点:   1.失速時にスロットルが全閉でなかった。   2.スピンの開始が明瞭、かつ積極的でなかった。   3.単なるスパイラル・ダイブ(この場合は零点)でなく真正のスピンでなければな     らない。    注)真正のスピンの場合、降下の軌跡は重心の近くを通るが、スパイラル・ダイブ      のそれは狭く纏った垂直方向のバレル・ロールである。   4.スピンが3旋転でなかった。   5.演技の開始が審査員の位置の正面でなかった。   6.モデルが進入時の軌跡と同じ水平直線飛行に戻らなかった。   7.進入時と離脱時の軌跡がジャッジズ・ラインと平行でなかった。   8.進入と離脱が水平飛行でなかった。   9.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
K.ロール:    水平直線飛行から開始し、モデルは一定のレートで1回のコンプリート・ロール(完   全なロール)を行い、開始時と同方向の水平直線飛行に戻る。   軽飛行機タイプの場合、ロール演技開始前の進入直進部分を、フル・スロットルのま   ま浅い角度で降下してから、演技を開始することもある。   競技者は、演技するロールのタイプ、たとえばスロー、バレル、スナップ、の別を指   定しておかなければならない。 減点:   1.ロール・レートが一定でなかった。   2.ロール演技の型がプロトタイプのそれと異なった。   3.ロール演技が審査員の位置の正面でなかった。   4.進入と離脱の高度が異なった。   5.進入と離脱の速度が異なった。   6.進入と離脱の軌跡及びロールの軸がジャッジズ・ラインに平行でなかった。   7.進入と同一の水平直線飛行に戻らなかった。   8.ロール演技の型が申告されなかった。   9.不適切なスロットルの使用。  10.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 L.パラシュート:   パラシュートの投下または射出の方法は、プロトタイプと同じでなければならない。   例えば、荷物はハッチまたは爆弾倉から投下する。 人はドアまたはハッチから、ある   いは機体を背面姿勢に入れることによって脱出降下する。 射出の場合を除き、投下の   前にはフラップの使用、脚の引き出しなどによって、減速しなければならない。   プロトタイプが、着陸時にパラシュート(ドラッグシュート)を使用していれば、模   型においてもこれを演技することができる。 M.タッチ・アンド・ゴー:   選手の選択により曲線でも直線でもどちらでも良いが、モデルは着陸のための横風行   程から降下を開始し、90度旋回して最終進入に移る。 モデルは着陸した後、停止す   ることなく、再び風に向かって離陸する。 主輪は地上をすくなくとも5m滑走しなけ   ればならない。 使用可能であればフラップを使用する。 減点:   1.演技がベース・レッグで開始されなかった。   2.最終進入への旋回が小さすぎるか、90度でなかった。   3.モデルが正しい着陸進入によって演技を開始しなかった。   4.モデルが接地前に正しい着陸進入をしなかった。   5.モデルが最小限5mの距離を地上滑走しなかった。     (もしもプロトタイプが2つの主車輪を装備している場合には、両車輪が最小限     5mの距離を地上滑走しなければならない。)   6.モデルが着陸時にバウンスした。   7.不適切なフラップの使用。   8.上昇が滑らかでない、または実機感に欠けた。   9.最終進入と離脱上昇が同一の軌跡でなかった。  10.風向に対していちばん良い着陸帯の使用をしなかった。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
N.オーバー・シュート   モデルは選手の選択により曲線でも直線でもよいが、着陸のための横風行程において    降下を開始する。正常の着陸進入よりも高く、使用可能であればフラップを使用し、   低いスロットル・セッティングで90度旋回を行う。着陸エリアの中心線上約3mの   高度まで降下した時点で、高度が低下しないようにパワーを上げ、正常な速度と姿勢   が得られたのちに、モデルは直進上昇する。   この演技の目的は、通常よりも高い着陸進入をおこなった場合の着陸中止を演じるこ   とにある。 この演技は非曲技機のみに適用される。 減点:   1.モデルが正しい着陸進入によって演技を開始しなかった。   2.最終進入経路への旋回が小さすぎる、または90度でなかった。   3.モデルが正しい高めの進入をしなかった。   4.モデルが正しい着陸速度または着陸姿勢をみせなかった。   5.パワーが上げられるまで、モデルが一定の降下をしなかった。   6.モデルが極端に3m以上またはそれ以下に降下した。   7.演技の最低位置が審査員の正面でなかった。   8.高度の判断から上昇離脱にかけて速度と姿勢の変化が滑らかでなかった。   9.脚およびフラップの不適切な使用。  10.モデルが進入から接地した。  11.モデルが滑らかに上昇離脱しなかった。  12.進入と離脱上昇の経路が同一でなかった。  13.演技が近すぎた、または遠すぎた。 O.左と、右へのサイド・スリップ:    モデルは水平飛行で演技を開始する。パワーを絞って通常の最終進入よりも高い高    度でジャッジズ・ラインに平行な軌跡に向かって旋回する。モデルが旋回に入るに    際し、旋回の方向とは逆のラダーを使って最小限20度の片揺れをしながらサイド    ・スリップを開始する。この演技の目標は、もしもそれが継続されたならば、審査    員席の前に着陸するに足るものとみなされなければならない。モデルは審査員席の    正面に到達する前にサイド・スリップからは回復し、正常な飛行状態に戻した後、    上昇離脱する前に5m以下のオーバー・シュートを行う。この演技の目的は、最終    進入において過大な速度の増加や、フラップを使用することなく、顕著な高度の低    下を見せることにある。    この演技はどのような型式のモデルでも実施できる。 減点:   1.モデルが最終進入への旋回に伴い円滑にサイド・スリップに入らなかった。   2.モデルがサイド・スリップ中に航跡から最小限20度片揺れしなかった。   3.サイド・スリップの量と降下が一定でなかった。   4.高度の低下が不充分でなかった。   5.降下中過大な速度の増加があった。   6.進入の軌跡がジャッジズ・ラインに平行でなかった。   7.サイド・スリップが審査員席の前を通過以前に修正されなかった。   8.オーバー・シュートが5m以下でなかった。   9.正常な飛行への復帰と上昇離脱が滑らかに推移しなかった。  10.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
P及びQ.主題実機に固有の飛行操作:   競技者は選手自身の選択により2つの異なった飛行演技を実施することが出来るが、飛   行に先だって演技の内容を飛行審査員に説明しなければならない。   競技者は自分の選んだ飛行操作、たとえば種蒔き、逆宙返りなどが、主題実機によって   行われている証拠を提出する準備をしておかなければならない。   プロシージュア・ターン、上昇旋回、降下旋回などのコースを飛行する演技は認められ   ず、地上で同様に実施できる操作(例えば灯火の点滅等)は認められない。                   R.三角形周回飛行:   モデルは水平直線飛行で審査員席直前の一点に接近し、この点においてジャッジズ・ラ   インから遠ざかる方向へ60度旋回した後、最小限150m飛行し、ジャッジズ・ライ   ンに平行な航跡に旋回した後更に最小限150m水平直線飛行した後、審査員席に向か   って旋回し更に最小限150m水平直線飛行し、最初の進入コースへの最終旋回の前に   り終了する。 この選択演技はプロトタイプが非曲技機の場合に限られる。 減点:   1.演技の開始点と終了点が審査員から等距離でなかった。   2.高度が変化した。   3.各コーナーにおける旋回のレートが一定でなく、コーナーが60度でなかった。   4.三角形の各辺が直線でなかった。   5.三角形の各辺が同一の長さでなかった。   6.三角形の各辺が長すぎるか、短すぎた。   7.三角形の頂点が審査員の位置の中央になかった。   8.偏流の修正が適切に行われなかった。   9.開始時と終了時の軌跡が同一でない。  10. 開始時と終了時の軌跡がジャッジズ・ラインと平行でない。  11. 演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 S.四角形周回飛行:    モデルは水平直線飛行で審査員席直前の一点に接近し、この点から更に最小限75m    の水平直線飛行の後、ジャッジズ・ラインから遠ざかる方向へ90度の航跡に旋回し、   次にジャッジズ・ラインと平行な航跡へ旋回する前に最小限150m水平直線飛行した   後、最小限75m水平直線飛行した後、審査員席の方向に向かって旋回し、最初の進入   コースへの最終旋回を終了する前に最小限150m水平直線飛行をした後着陸エリア   の中心線上に戻る。この演技は地上への航跡が矩形となる。   この選択演技はプロトタイプが非曲技機の場合に限られる。 減点:   1.演技の開始点と終了点が審査員から等距離でなかった。   2.高度が変化した。   3.各コーナーにおける旋回のレートが一定でなく、コーナーが90度でなかった。   4.各辺が直線でなかった。   5.各辺が長すぎ、または短すぎた。   6.対辺が同一の長さでなかった。   7.偏流の修正が適切でなかった。   8.四辺形の最終辺が審査員の正面でなかった。   9.開始時と終了時の軌跡が同一でなかった。  10.開始時と終了時の軌跡がジャッジズ・ラインと平行でなかった。  11.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
T.一定高度の直線飛行(最大6m)   モデルは6mを超えない一定高度を保ちながら、最小限100mの距離を直線飛行で   航過した後、上昇して飛び去る。 この演技は実質的にはロー・フライ・パスであり、   プロトタイプが非曲技機の場合に限られる。 減点:   1.飛行経路が直線でなかった。   2.高度が一定でなかった。   3.6m以下に下がらなかった。   4.着陸帯の上空を通過しなかった。   5.審査員の位置の正面で演技が行われなかった。   6.ジャッジズ・ラインに対し平行に演技が行われなかった。   7.飛行距離が不充分であった。(飛行距離が長すぎるのは誤りではない。)   8.飛行経路が不安定であった。   9.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 U.ワンモーター・スロットルの直線飛行:   モデルは少なくとも100mの距離を、モーター1基のスロットルを絞って、一定高   度を保ちながら水平直線飛行で進入した後、モーターのスロットルを開き、水平直線   飛行に戻る。 当然のことながら、この演技はマルチ・モーターのモデルのみが選定   できる。 減点:   1.モデルが直線飛行を維持しなかった。   2.不安定であった。   3.過大な高度の喪失があった。   4.モーターの出力が、デモンストレーションの終了後に上がらなかった。   5.モーターが充分に絞られていなかった。   6.演技の実施時間が不充分だった。   7.審査員の正面で演技が行われなかった。   8.ジャッジズ・ラインに対し平行に飛行しなかった。   9.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
V.レイジーエイト   モデルはジャッジズ・ラインに平行な線上を水平直線飛行で進入し、ジャッジの正面   にさしかかった時、一定の半径でジャッジから遠ざかる方向にスムースな上昇旋回を   開始する。   旋回の頂点でバンクは少なくとも60度で、モデルはジャッジズ・ラインに対し90   度方向に向いていなければならない。   この時点以後、モデルの機首は下がり始め、バンク量は開始時と同じレートで減少す   る。   旋回は180度を越えて継続し、演技に入った時と同じ高さと水平姿勢で中心点に向   かう中心点では、すみやかにジャッジから遠ざかる方向にスムースな上昇旋回を開始   する。その形は最初の旋回と同じでなければならない。   二回目の旋回は中心点を水平姿勢で、進入時と同じ高さで横切るように180度を越   えて継続される。   レイジーエイトは、この高さと方位を維持しながら、水平、直線飛行で演技を終了す   るためにジャッジズ・ラインに並行な航跡に乗るための旋回に入る段階で終了する。   低出力の機体の場合には、演技の開始にあたり速度を得るためにフル・スロットルの   まま浅い角度で降下してから演技を開始することもある。   演技の形はジャッジの位置から見て左右対称でなければならない。 減点:   1. 進入と離脱の航跡がジャッジズ・ラインに平行でなかった。   2. 上昇が充分でなかった。   3. バンク角が充分でなかった。   4. 上昇と降下の角度が演技中同一でなかった。   5. 演技がジャッジ席から見て左右対称でなかった。   6. 円弧が歪んだ。   7. 演技の開始地点と終了地点が図に示されたものでなかった。 演技の大きさが     プロトタイプ実機のそれに対し実機感に欠ける。   8. モデルの飛行航跡がスムースかつ一定でなかった。   9. 演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 W.ウイングオーバー: モデルはジャッジズ・ラインに平行な線上を水平直線飛行で進入し、ジャッジ席前方  を通過後ジャッジから遠ざかる方向にスムースな上昇旋回に入る、旋回の頂点ではバ ンク角は非曲技機においては少なくとも60度、曲技機においては少なくとも90度 でなければならない。獲得高度はプロトタイプの性能に相応するもの出なければなら ない。モデルは進入時と対称的な軌跡を飛行し、進入時と反方位で、同じ高度と機首 方位でジャッジから遠い方の線上で水平直線飛行にもどる。 軽飛行機タイプの場合、ロール演技開始前の進入直進部分を、フル・スロットルのま  ま浅い角度で降下してから、演技を開始することもある。 減点: 1.演技の開始と終了が、指定の位置でなかった。 2.高度の獲得が充分でなかった。 3.バンク角が不充分。 4.上昇と降下角が演技中同一でなかった。 5.モデルが滑らかで対称な円弧を飛行しなかった。 6.モデルが同一の方位と高度で終了しなかった。 7.演技の大きさがプロトタイプのそれに合致していない。 8.モデルの飛行航跡が円滑かつ一定でなかった。 9.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る
X.背面飛行:   モデルは1/2ロールして背面となり、100mまたは10秒間のいずれか短い方の間   背面直線飛行を行い、それから1/2ロールで背面飛行から脱し、正常な姿勢での水平   直線飛行に戻る。   1.1/2ロールが背面飛行と同じ軸線上で行われなかった。   2.モデルが直線コースを飛行しなかった。   3.(モデルの) 高度が上下した。   4. (モデルが)決められた長さを背面飛行しなかった。   5.演技が審査員の正面で行われなかった。   6.演技がジャッジズ・ラインに平行に行われなかった。   7.演技が遠すぎた、近すぎた、高すぎた、低すぎた。 Y.デリー・ターン:   モデルはジャッジズ・ラインに平行な直線上を高速で接近する。そしてモデルはジャ   ッジとは反対の方向へ高度を失うことなく90゜の急旋回(60゜バンク以上の)を   行う。   ジャッジの正面に来た時、モデルは進入時と同じロール方向へハーフロールを行い、   引き続き直接に90゜の急旋回で反対の方向に旋回する、そして演技の進入時と平行   な線上に直線飛行で飛び去る。   この演技は滑らかで連続したものでなければならない。 減点   1.進入がジャッジズ・ラインに平行でなかった。   2.演技がジャッジの正面でなかった。   3.ジャッジ正面のロールが軸ロールでなかった。   4.中心のロールが演技の進入と同じロール方向でなかった。   5.ロールがジャッジから真っ直ぐ遠ざかる方向に保持されなかった。   6.最初の90゜旋回からのロール又は次の旋回への間にためらいがあった。   7.脱出が進入と平行でなかった。   8.演技中の明瞭な高度変化。   9.演技が水平8字飛行演技の各所に散見されるような醜さがあった。  10.演技が容易に審査されるには高かったり、低すぎで行われた。 Z.プロシーデュア・ターン:  水平直線飛行から開始し、モデルは審査員席から遠ざかる方向へ90度旋回し、  その後反対の方向へ270度旋回し、進入方向とは反対の方位へ水平直線飛行  に戻る。  この演技は、審査員席正面の90度旋回から270度旋回に移る直線上を通る  ように開始しなければならない。  減点   1.旋回のレートが一定でなかった。   2.演技中に高度が変わった。   3.モデルが正しい方位で水平直線飛行に戻らなかった。   4.モデルが正しい位置で90度旋回から270度旋回に移らなかった。   5.演技が実機プロトタイプのそれに比較して大き過ぎた、または小さ過ぎた。   6.演技位置が遠すぎる、近すぎる。   7.演技高度が高すぎた、低すぎた。       AA 低速直線飛行 モデル機は、ジャッジズ・ラインに対し平行に、着陸帯の上空を、審査員席を 中心として少なくとも100mの距離を直線飛行する。高度は一定で6mを 超えてはならず、モデル機はプロトタイプ機の最低安全飛行速度に見合う速 度で飛行する。 プロトタイプ実機が引込み脚を備えている場合は、脚を下していなければなら ない。 プロトタイプ機が前縁又は後縁フラップ、スラット、減速ブレーキ、スポイラ-, その他の高抵抗/減速/高揚力装置を備えていれば、それらを使用する。但し、 参加選手がそれらの装置が実際には機能していないか、常時使用されてはいな いことを立証できる場合はその限りでない。 減点: 1.飛行が直線でなかった。 2.高度が一定でなかった。 3.高度が6m以上であった。 4.着陸帯の上空を飛ばなかった。 5.審査員席を中心とした演技でなかった。 6.ジャッジズ・ラインに平行でなかった。 7.飛行距離が不十分であった(飛行距離が長すぎるのは誤りではない)。 8.脚が降ろされていないか、高抵抗/減速/高揚力装置が使用されなかった。 9.モデル機の速度が早すぎた。     
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る