スケールフライト技量検定制度

戻る   ホームへ戻る

スケールフライト技量検定

スケールフライト技量検定制度の目的
  ラジオコントロール方式による航空レジャースポーツを目的とした飛行を行う。
 スケールモデル模型の操縦技能について、評価の方法を定め、その操縦を行う者の技能
 を証明すると共に、合わせて技能向上に対する意欲を高揚し、もって我が国におけるス
 ケール模型の普及と発展をはかることを目的とする。
 
技能証明
 日本模型航空連盟会長は、申請により、R/Cスケールモデル操縦技能の証明を行う。
 技能証明は技能証明書の発行により行う。
 技能証明書の様式は別に定める。

技能証明の種類
 技能証明は、次の2種類とする。
   1)A級:スケール・ビギナーズ級
   2)B級:スケール・アドバンス級

申請資格
 航空スポーツ登録の模型飛行士登録者であること。
 本規定に定める各級について定める実技試験に合格していること。
 日本模型航空連盟スケール委員会の認める者、もしくはスケールフライトインストラク
 ター2名の推選がある場合には、上記に関わらず技能証明の申請を行うことが出来る。

試験
 日本模型航空連盟会長は、技能証明を行う場合には、申請者が必要とする技能を有する
 か否かを判定するため、試験を行わなければならない。
 

スケールフライト技量検定実技試験規則
 
1.この規則は、R/Cフライングスケール機の実技試験について定めるもので
  ある。
  なおF4C、F4Hスケール日本選手権大会に参加するにあたり、原則として下記の
  スケールフライト技量A級以上を所持していることが求められる。
  沢山の観客が集まるモデルショーへの参加は、安全面への配慮を考慮し、少なくとも
  本規定のB級:(スケール・チャレンジ級)の合格者である事が望ましい。

2.A及びB級試験における共通必須事項は次のとおりとする。 (1)試験に使用する模型航空機は、FAIスポーツ規定の模型航空機に定めるF4    R/Cフライングスケール機の条件に適合しなければならない。ただし、受験者自身    により製作された模型航空機でなくてもよい。 (2)受験者は、試験員からの質問に対し、正しく答えること。 (3)受験者は、試験員から指示された実技を正しく実施すること。 (4)受験者は、自らR/Cフライングスケール機の、無線機及び必要機材の点検を行い、    飛行に必要な準備を行なうこと。飛行の準備から着陸・停止まで、助手1名を必ず    付けなければならない。なお、助手は機体の保持の他、エンジンの始動及び飛行前    の準備を補助しても良いが、飛行中は送信機に手を触れてはならない。 (5)エンジンの始動及び調整は定められたスタートボックスの中で行なうこと。 (6)自ら周囲の安全を確認し、正常な離陸を行った後、安全に飛行を行ない、正常な姿    勢で着陸、停止を行なうこと。 (7)「演技名」及び演技の「スタート」と「フィニッシュ」については、必ずコールが    必要である。
3.A級 試験:(スケール・ビギナーズ級)  3.1 A級試験の必須事項は次のとおりとする。  (1)機体を滑走路の離陸開始位置に運び、そして滑走方向に置き、停止させる。  (2)パイロットは自ら周囲の安全を確認し、出発を行なうこと。なお、離陸時に機体     後方に立って操作してもよいが、離陸後にパイロットの定められた位置に移動す     ること。    (3)受験者は次の課目を行なうこと。なお、演技時間はスタートコールから5分とす     る。     また、飛行演技は、全ての課目について、それぞれ5点以上の得点を得た場合を     合格とする。 (各課目は10点満点)     @ 滑走から離陸を正常に行い、90度の旋回後に機体を水平にする。     A 一定の高度を保ちながら、前方で安定した水平飛行を行い場周飛行へ向かう。     B 場周飛行からアプローチ旋回を行い、滑走路へ正常な着陸を行う。     C 着陸接地後に正常な滑走が行われ、減速後に停止して終了となる。  (4)コールは離陸と着陸の「スタート」と「フィニッシュ」のみでよい。
4.B級 試験:(スケール・チャレンジ級)  4.1 B級試験の必須事項は次のとおりとする。  (1)機体を滑走路の離陸開始位置に運び、そして滑走方向に置き、停止させる。  (2)パイロットは自ら周囲の安全を確認し、出発を行なうこと。なお、離陸時に     機体後方に立って、操作してもよいが、離陸後にパイロットの定められた位置に     移動すること。  (3)受験者は次の課目を行う事。 なお、演技時間はスタートコールから7分とする。     また、飛行演技は、すべての課目について、それぞれ5点以上の得点を得た場合     を合格とする。(各課目は10点満点)     @ 滑走から離陸を正常に行い、90度の旋回後に機体を水平にする。     A ホリゾンタル・エイト(水平8字飛行)の演技を行う。     B 360度ディセンディング・ターンの演技を行う。     C 場周飛行からアプローチ旋回を行い、滑走路へ正常な着陸を行う。     D 着陸接地後に正常は滑走が行われ、減速後に停止して終了となる。  (4)コールは「演技名」および演技の「スタート」と「フィニッシュ」が必要である。                                        以上
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る